事業のご紹介

TOP > 事業のご紹介

(有)KSトータルプランニング

小規模多機能ハウス ひだまり倶楽部

平成19年2月1日事業開始

〒747-0817 防府市自力町3-27
TEL:0835-27-6648 FAX:0835-21-3250

介護が必要になっても住み慣れた家や環境で暮らし、家族や親しい人々とともに、今までの「かかわり」の中で、家族も含めて安心した生活を送りたいという願いの実現に取り組んでいきます。

利用者ひとり一人の思いや願いを大切にし、まず共感することから支援は始まります。

  • 小規模多機能型居宅介護事業(登録定員25名)
  • 自費宿泊(ショートステイ)事業
  • 配食サービス事業
詳細はこちら

風の便り相談室

平成19年2月1日事業開始

〒747-0817 防府市自力町3-27
TEL:0835-27-6645 FAX:0835-21-3250

ご自分の人生、どこで、どのように暮らしたいのか、その方の思いや尊厳を大切にします。
その上で、ご家族として、介護者として何をしてあげられるのか、後悔しないよう今の自分にできること、その方法を一緒に考えます。思いが叶うよう、ご家族の事情を考慮し、介護保険制度を中心にさまざまな制度が活用できるようにご協力いたします。

  • 居宅介護支援事業(ケアプラン作成)
  • 総合相談
詳細はこちら

訪問看護ステーション つばさ

平成19年2月1日事業開始

〒747-0817 防府市自力町3-27
TEL:0835-27-6662 FAX:0835-21-3250

看護という立場から、愛と和との二つの翼で、在宅生活を支えていきたいと考えています。
おひとりお一人が住みなれた地域で「ご自分らしい生活スタイルやより良い暮らしのため」に、少しでもお役に立ちたいと、優しくも熱いハートを持って皆様の療養生活をサポートいたします。

  • 訪問看護事業
詳細はこちら

加賀のブリキ屋

加賀のブリキ屋

平成19年2月1日事業開始

〒747-0817 防府市自力町3-27
TEL:0835-27-6933 FAX:0835-21-6934

「ブリキ屋」の意味は、福祉用具は特別なものでなく、どこにでも存在する道具の一つとしてあるもの。関わる全ての方の気持ちを大切にして、福祉器具の活用法を共に考え、最適な道具をご提案できるよう取り組みます。

小規模多機能ハウス併設により、緊急時のオムツやポータブルトイレ等、365日・24時間対応可能です。

少人数でのカルチャー教室や、相談、おしゃべりタイムをフリースペースでお気軽にどうぞ。

  • 福祉用具の展示(体験)・販売・情報発信
  • フリースペース(カルチャー教室等)
  • 駄菓子・雑貨等の販売
詳細はこちら

(有)コミュニティケア防府

コミュニティケア防府 福祉相談室

平成15年4月1日事業開始

〒747-0035 防府市栄町1丁目10-20エンゼルビル2F
TEL:0835-26-0180 FAX:0835-38-6660

介護関係の相談以外に福祉全般の相談にも積極的に取り組みます。
機関・専門家等を紹介して問題解決へのサポートをしていきます。

  • 福祉相談
詳細はこちら

コミュニティケア防府 ヘルパー部

平成15年4月1日事業開始

〒747-0035 防府市栄町1丁目10-20エンゼルビル2F
TEL:0835-26-0180 FAX:0835-38-6660

訪問介護計画(ケアプラン)に基づき、必要に応じて他の専門職との連携もとりながら、利用者、家族等の全体像を捉えて、柔軟な対応に心がけ、質の高いサービスを提供できるヘルパーを目指します。

  • 訪問介護事業(ホームヘルパー派遣事業)
  • 自立支援法制度における指定居宅介護事業(重度訪問介護)
詳細はこちら

生活処 遊夢庵

平成16年9月1日事業開始

〒747-0802 防府市中央町1丁目6-30
TEL:0835-26-5150 FAX:0835-38-5813

ゆったりとした自由な時間を過ごせる和みのデイサービスです。街なかという立地条件を生かし、スーパー、銀行、デパート等の社会資源を活用することで本来の外出支援をサポートすることもできる生活処ですので、特色あるデーサービスとしてご利用いただけます。

  • 通所介護事業(介護保険)・・・定員22名
詳細はこちら

障害者デイサービスセンター ひかり

平成17年11月1日事業開始

〒747-0817 防府市戎町1丁目6-22
TEL:0835-21-4820 FAX:0835-21-4823

スタッフのみが運営を考えるのではなく、当事者、家族、ボランティアの人たちが参加し、望まれるデイサービスを目指す、小さなデイサービスです。

家族的な雰囲気で、個別処遇は全体がみえる程度の小規模にこだわりました。街なか立地を生かし、街の商店街で買い物をしたり、地域の社会資源を利用し、ふれあいながら日常的な社会参加を実現します。

  • 障害者自立支援法生活介護事業(障害者自立支援法)・・・定員20名
  • 一時預かりも可能(実費)
詳細はこちら